東南アジア・タイでは4月24日現在、一日の新規感染者数は20人以下に抑えられ、新型コロナウイルスの抑制に成功しつつあるようにみえます。一方で経済への打撃は深刻です。タイは貧富の格差が大きく、最近では仕事を失い、貧困やストレスで追い詰められた人たちの自殺が相次いでいます。タイは今どのような現状かを解説します。
(中略)
タイ政府は対策として非正規労働者や自営業者などに1人あたり月5000バーツ、日本円で約1万6000円を支給する支援案を打ち出しました。対象者は900万人に上り、一部には支援金が支払われましたが、支給対象から外れた人が困窮して自殺するケースもありました。こうした新型コロナに関連する自殺で、3月20日以降、少なくとも22人が死亡したとの報告も出ています。

タイでは自殺者が増えています。
コロナの感染を抑えている優等生なタイですが、元々の経済格差が凄まじいため、庶民の生活が大打撃です。
コロナでの死者よりも自殺者の方が多いのではないかと思うほどです。
タイでは連日、生活苦の方々のニュースばかりしています。
無料ご飯に群がる人達の多さに本当に驚きます。
それだけギリギリの生活をしている人達が多いです。
治安悪化も凄いです。支援金5千THBを貰ったホームレスの5千THBを奪うニュースもありました。
洪水と違い、コロナは先が見えないので本当に立ち直るのにどのぐらい時間がかかるかわかりません。

このブログで度々書いていますが、タイは本当に格差が酷い国です。
微笑みの国とか、本質がわかっていない人が使う言葉です。
タイに憧れる人は、本当バカだなって私は思っています。
今回のコロナ対策で日本政府は10万円もマスクも支給してくれていい国だなって思いました。
私はもらえません。残念です。

このコロナで自宅待機の中、母とたまたま下記映画を見ました。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち
タイ映画です。
この映画はタイの格差社会を非常によく表していて見ていて、心が痛かったです。
貧乏だけど頭のいいヒロイン、お金持ちだけどバカな同級生。
貧乏な正直者が金持ちに嫌がらせされるシーンは本当にああ、タイでよくある話だわ…って思いました。
どれだけ頭良くても、どれだけ正直者でも、
結局、お金の前ではぶっ潰される…将来の道を閉ざされる…。
リンチのシーンはすぐにわかりました。
金持ちの仕業だなって。
本当にタイではよくある話なんですよ。
金持ちからしたら、貧乏人なんてそこら辺の野良犬みたいなもん。
気分を害したら人雇って痛めつける。
これがタイ社会。
罪悪感なんてありません。
登場人物の一人が言います。

「リンチにあってざまーみろ。スカッとしたわ」

これが全てなのよ…。
この映画はテンポよく、またハラハラしながら見れるのでお勧めです。
目を離せないです。
自慢ではないですが、私は半沢直樹を早送りで見てました。
見てて飽きるから。
最終的にネタバレサイトを読んで見るのやめたよね…1話で。

アニメも30分見るの苦痛です。年取ると見れません。
そんな私が早送りせず、ちゃんと見た映画の一つですwww
暇な方は是非見てみてください。

あとおすすめはハイパー ハードボイルド グルメリポートです!
これも早送りせず、集中して一気に見ました!!
ヤバい奴らのご飯を取材する番組ですが、最初のアフリカの元少年兵の話。
元少年兵の家は墓地。家じゃないのよね。誰かの棺を開けて、その中の骸骨と一緒に寝てる。
元少年兵の女の子は娼婦で、ヘロインをやっており、夢はお金持ちになること。
その子が1回で稼ぐお金で食べるご飯の重み…
難民の回も心にグッときましたね…。
パキスタンからEUを目指す難民の少年たち。トラックの下にしがみついていくけど、国境犬に発見されて失敗。
国にも帰れない。EU諸国に行ってお金を稼ぎたい、と。その子たちの住処とご飯…。
ご飯や人生について考えさせれられる番組です。

コロナ暗いニュースばかりですが、引き続き、手洗いうがいをしていきましょう!!
早く海外旅行に行きたいなぁ。

コメント一覧
  1. koji より:

    おはようございます。
    こんな時に仕事させる会社もどうかと思いつつ、私は相変わらず仕事です。
    高速道路を走っている車も減ってますね。

    嵐の前の静けさの様です。

    • イトゥー より:

      kojiさん、おはようございます!
      kojiさんのお仕事は在宅ワークできませんもんね。
      出勤してくれて、ありがとうございます。
      きっといつかはコロナが消えますから、それまで頑張りましょう!

  2. コテカ より:

    今日は、イトーゥさん
    今世界中で失業や収入の減ってる人が激増してますが
    特に第三世界では日銭で生活してる底辺の人達は死活問題でしょう
    犯罪が多発するのは目に見えてます。
    ロックダウンされた一部の地域では暴動も起きてる国もあります。
    タイもこれから強盗や泥棒が増えそうです、イトーゥさんも
    気を付けて、出来るなら護身用具など(ペッパースプレイ)でも
    持ってたほうが良いかも。
    ※ペッパースプレイはタイでは違法ですので制汗剤のラベルを貼りましょう。

    それにしても国民全員に10万円、この金は刑務所に収監中の泥棒や
    子供殺しの性獣にも渡されるのでしょうか、もし渡るなら正に盗人に追い銭です。

    • イトゥー より:

      コテカさん、おはようございます!
      私は基本在宅ワークで外にも出ないので大丈夫です!!!
      デリバリーもコンドミニアムに置き場所があって、
      そこに置いてもらって極力人に触れないようにしていますw

      日本政府は無戸籍者に10万円配布すると言ってますね。
      だったら、戸籍のある私にもくれよ!!!って思いました。
      犯罪者にもあげるなら、私にくれたほうが経済回すのに!悔しい!w

  3. Erin より:

    私も仕事を干されて働きたくても働けない状況が本当に辛いです。
    日本政府のコロナ騒動の初期の対応が本当に杜撰だったため、割りを喰うのは私達庶民…。
    タイは階級社会とこのブログで何度も聞いていますが、実際は貧乏人に対しては本当に慈悲がない、金さえあれば全てオッケーな国で呆れます。
    こんな国が微笑みの国だなんて笑止千万です。

    • イトゥー より:

      Erinさん、おはようございます。
      仕事が干されているというのは在宅ワークとういみですか?
      それとも仕事自体ないのでしょうか。

      日本政府は休業補償などをしていて、タイの500倍は頼りになります。
      こんなタイでも来たがるあほが多いので絶句です。

      • Erin より:

        それが仕事自体が無くて今ニート状態なんですよ…。
        早くゴールデンウィークが終わって欲しいです。

  4. S より:

    どうにも困りましたね。

    ことコロナ対応に関してはタイは範たる国だと思っていました。

    レッドブルの御曹司とかは寄付したりとかしないのでしょうか?贖罪するのなら「今でしょう!」

    • イトゥー より:

      本当にこういう時に富豪は寄付すれば、徳も名声も上がるのですが、しないですね…
      CPが無料ご飯を配っているのはよく見ますが、老舗金行たちの寄付は見たことないですね。
      レッドブルみたいな犯罪会社はしてませんね。
      彼らこそ、庶民は炉端の石ですので、いてもいなくてもなんとも思っていないと思います。
      そろそろ時効なので、2022年にはタイに戻ってくるそうです。

  5. より:

    いつも楽しく読んでます
    グローバルスタンダードは追い詰められて食えなくなると強盗や暴動(ex.フィリピン)で、日本人は追い詰められると自殺してしまう希有な国民だと思ってたんですがタイも日本寄りなんですかね

    • イトゥー より:

      涼さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます。
      タイの場合は日本と違い、政府は本当に何もしてくれません。
      本当に貧民は死ぬしかないです。
      道端のバナナを食べれば生きることはできますが、
      乳飲み子や子供を抱えた家庭ではそんなことできません。
      それとタイ人は気性が激しく、動物的なので、死のうと思ったらすぐ死にます。
      大した理由じゃなくても死にます。

      • Erin より:

        タイ仏教では自殺は罪と捉えられないのですか。
        そしてタイ人もしょうもない理由で自殺する人に対して何とも思わないのですか。
        タイは仏教国だというのに、人々は気性が激しいと聞いて呆れます。

        • イトゥー より:

          Erinさん、こんにちは。
          仏教でも自殺は罪と考えられてます。
          どの国でも自殺は罪になります。
          自殺を選ぶほど生活が困窮してたり、生きる希望がないからですが、タイ人の場合は感情が瞬間的に上がって、その勢いで自殺する人が多いです。
          多分、一旦冷静になればしないのですが、感情の歯止めが効かないのでしょう。

コメントを残す

関連キーワード
タイのニュースの関連記事
おすすめの記事