各報道によるとプラユット首相は2020年3月17日、新型コロナウイルスの感染拡大抑制の試みとしてバンコク都と周辺県で、パブ、パッサージパーラー、ナイトクラブ、映画館などのエンタテインメント施設と古式マッサージ店、ボクシングスタジアムなどのスポーツ施設、学校などの教育施設を3月18日から3月31日までの2週間閉鎖すると発表しました。
対象地域はバンコク都、ナコンパトム県、ノンタブリ県、パトゥンタニー県、サムットプラカーン県、サムットサコーン県で、パタヤのあるチョンブリは含まれていません。ただしチョンブリ県は、独自にパタヤの娯楽施設の2週間閉鎖を決めたと伝えられています。(参照 パタヤでもバーなどの娯楽施設を2週間閉鎖~3月18日から31日まで)

またコンサート、展示館、宗教的な集まりなど多くの人が集まる催しも禁止となります。

更にタイ正月休みの延期も承認されたとのことです。

今日からバーなどが閉鎖です。
カラオケや風俗店も勿論閉鎖です。
濃厚接触になりますから。
これは本当に商売あがったりですね。

これ絶対に治安が悪くなるので、皆さん、ご飯食べたら、すぐ帰宅しましょう。

夜の店でお金稼いでた人達は、2週間収入がなくなるので死活問題です。
パパからお金を貰えばいいかもしれませんが、ボーイとかはチップ収入がないから、犯罪に走ってもおかしくないです。
この2週間、いつもより早く家に帰りましょう。
エカマイの邦人襲撃事件の二の舞にならないように。

またソンクラン休み延期。
これ本当迷惑だわ~ソンクラン旅行計画してたのに本当困るわ。
企業側がどう対応するか、まだ判明してません。
こちらは製造業に影響があるので、慎重に検討していると思います。

あと在タイ日本大使館は梨田大使からタイ国民への手紙なんかより、こういう情報をいち早く載せるべきでしょう。
本当、お役所ってずれてるね…誰も手紙興味ないし。
在タイ日本人が一番興味があることは、タイ政府がどう動くのか、今後タイはどうなるかっていう情報です。

おすすめの記事