【バンコク時事】タイ保健省は23日、新型コロナウイルスの感染が拡大している日本や中国などからの帰国者や入国者に対し、到着後14日間は公共の場所に行くのを自粛するよう要請した。
対象となるのは日本と中国本土のほか、香港、台湾、韓国、シンガポールなど。社会的責任を持って自己観察を行い、公共交通機関の利用や他人との物品の共用を控えるほか、疑わしい症状を発した場合はマスクを着用するよう求めている。

邦人にタイ 公共の場は自粛を

昨日、タイ保健省のホームページを読みました。
ここには新型肺炎に関してのタイの状況がほぼ毎日更新されています。
残念なことにタイ語ですが…。

2月23日時点で書いてあることを要約します。

武漢熱の患者35人中14人は治療中(入院)、21人は帰宅(帰国)した。
アウトブレイクが報告された地域(中国(香港、マカオ、台湾を含む)、日本、シンガポール、韓国)から来た学生、職員、会社員などは、
14日間自宅に滞在するよう協力してほしい。
また公共の場や公共の乗り物を利用しないよう自粛してほしい。

手洗い、アルコール消毒を徹底しましょう!

法規制はありません。
出張などでタイに来ても隔離はされません。
あくまでタイ政府は協力をお願いしているだけです。

ただ日本での感染者数の増加で、タイ企業が日本から来た出張者との打ち合わせを拒否するケースが増えてきました。
企業としても社員を守らなければいけないですから、当然の結果です。
仕事に影響が出てきています。
これも日本政府が中国に忖度した結果ですね。
中国人観光客のお金目当てで、結局大打撃を受けてます。
一時の欲に目をくらませた結果ですね。

これからタイも徐々に厳しくなっていくかもしれません。
タイとしては日系企業も多数あるので、日本人を入国禁止することはしたくないでしょうが、どうなるかわかりません。
引き続き、皆さん、うがい手洗いをして、美味しいものを食べて、沢山寝ましょう!!
健康第一です。

おすすめの記事