タイ政府「新型肺炎、エイズ・インフル薬で症状改善」

【バンコク=村松洋兵】タイ保健省は2日、記者会見を開き、新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり症状が劇的に改善した例を見つけたと発表した。バンコクにある病院の医師が、中国人旅行客の患者にエイズウイルス(HIV)治療薬とインフルエンザ薬を混合して投与したところ、症状の改善を確認した。

使ったのはエイズ治療薬の「ロピナビル」と「リトナビル」、インフル薬の「オセルタミビル」(商品名タミフル)。感染確認から10日しても回復しない重症の中国人女性(71)に投与したところ、それから48時間以内に新型コロナウイルスが消失したという。

新型肺炎の治療を巡っては中国当局も、米製薬大手アッヴィのエイズ治療薬の活用を検討している。タイは中国人に人気の旅行先で、これまでに19人の新型肺炎患者が見つかっている。大半が中国人旅行客だが、中国人を乗せたタイ人タクシー運転手の感染も確認されている。

おお!タイ頑張りましたね!!!
意外と早くコロナウィルスが終焉しそうですね。

中国は武漢帰りの人に対して、家から出れないようにドアに板を打ち付けているそうです。
もう、本当人間の本性が見えて怖いですね。

また欧州ではアジア人に対する差別が始まっているようです。
日本人なのに中国人と思われた悲しい…みたいなコメントがチラチラ見えますが、
彼らからしたら、アジア人の区別なんかつかないし仕方がないことです。
我々からしたら白人は白人でどこの国かなんてわからないとの一緒。
そもそも中国人が普段から人気ないから、こういう機会で普段のうっ憤を晴らしてるのでしょう。
未知のウィルスに遭遇したら、そういう行動に出るのは仕方がないと思います。
また人種差別は白人の十八番でしょう。
何をいまさらって思います。
平和な時は金を落としてくれる客だからうざくても我慢できたけど
命にかかわる事態になったら、こうなるのは仕方がないです。

まだ収束していないので、マスク着用、手洗いうがいを徹底しましょう。

おすすめの記事