事の発端はオカンのマンションのポストにAISの自宅Wifiのチラシが入っていました。

AIS FIBER

チラシの裏に担当者の名前と番号がのっており、電話してみたら、かなり若い女性でした。
オカンのマンションで今だけAISがブースを借りて、プロモーション中だったので、そこで担当に会って話を聞いたのこと。
その女曰く、

ルーター本体1,400THB購入すれば、Wifiは月額100THB!
永遠に月額100THBです!!

と言われ、 契約するわ!っとオカンはIDカードのコピーをとらせました。
そしてその晩、うちに来た時にオカンが「AISが凄いプロモしててね」と話してくれたましたが、
私はなんか怪しいから「本当なの?明日でいいから担当に確認して」と言いました。
そしたら、オカンがその場で担当に電話したんですよね。
その時夜7時半ごろ。
電話にでなかった。
そしたら、夜11時半ごろにそいつから電話がかかってきました。
この時点でなんて非常識な奴だって思ったんです。
オカンがスピーカーで話しているから、二人の会話は丸聞こえでした。

その女曰く、

月額100THBと言いましたが、それは一軒家向けのプロモーションで、
マンションだと月額399THBです。
ルーター本体は購入する必要はありません。

話がまったくちゃうやないか。

その販売員はちゃんと確認して、明日連絡しますと言って電話を切りました。
その時は話し方は丁寧だったけど、申し訳ないけど絶対底辺の生まれだってわかる話し方。
タイ語の諺の【สำเนียง ส่อ ภาษา กิริยา ส่อ สกุล 訛りで出身地がばれ、マナーでどんな家庭かばれる】が一瞬でよぎりましたね。
こいつは間違いなく信用できない人間。
それと自分の売ってるものに対して知識なさ過ぎて、こいつは信用できないわって思い、
私は直接ASIの店に行って話を聞こうと思いました。

んで、次の日の夕方。
オカンが凄い切れている。
何事かと聞くと、AISの販売員が電話に出ない、つながらない。繋がっても切る、とのこと。
夜になっても折り返しの電話もなく、電話しても通話中でしかも切られる。
ここまで来ると、この女、実は詐欺師ではないのか??という疑念が出てきます。
おかんのIDカードのコピーを悪用するつもりではないのか?
そんな疑念を抱いていると、夜11時半過ぎにやっと女から折り返しの連絡がありました。

女「なんですか、私忙しいんですけど!!!」

なんと逆切れの電話。

オカンも切れて、

母「あんたね!こっちは昼から電話してるのになんで折り返しもせず、電話を切るの!!」
女「私は忙しいんです!そんなに何回も電話しないでください!どうせ契約するんでしょ!」
母「契約する前に内容をちゃんと確認して、折り返すってあんた言ったでしょ!!!
あんたみたいな奴とは契約しないわよ!なんなの、あんたのその舐めた対応は!」
女「私の対応よりもおたくは感情をちゃんとコントロールしたらどうですか?!」
母「あんた客に対してよくそんなこと言えるわね!あんたとなんか契約しないわ!!その態度、改めなさい!」
女「この通話は録音してますから!訴えてやる!!
母「はぁ??それはこっちのセリフよ!!!!!!あんた、明日AISに来なさいよ!!!!!!!!
こっちがあんたを訴えるわ!!!録音持ってるなら持ってこいや!!!!」

数分ギャーギャーやりあって、電話が切れました。

こんな内容で訴えるとか、やはり底辺ハムスターの考えはわかりません。

次の日、朝一にオカンはAISに殴り込み行きました。
そしたら、女は既にバックレていました。
そこの責任者に話を聞くと、朝、女から「もう仕事辞めるから行きません」という連絡があり、なんでまた急に…と思っていたとのこと。
なんつーか、女もこういう性格だから定職に就くこともできず、40にもなってずっとフラフラしてたんでしょうねぇ…。
声が若いから20代かと思ったら、40代というのも衝撃的です。
販売員はそこらへんの奴を雇って、契約取れたらコミッションが入る仕組みなので、変な奴が多いです。
だからすぐ雲隠れする。
お店で働いてる店員の方がマシです。
責任者からは謝罪を受け、AISのマスコットキャラの緑の丸い物体の人形がお詫びとして4体貰いました。
ちなみにプロモーションはルーター購入無しで、月額599THBでした。
女の話は何一つ合ってませんでした。

終わり。

おすすめの記事