これも不景気だからかのぉ…。

本当タイは去年の10月頃から不景気で今年も景気のいい話を聞きません。
そんな中、ロッブリー金行強盗殺人事件は怖いですね。
普通、強盗するのは貧乏人なので銃を持ってくるパターンは少ないです。
大体、薬中が包丁持って捕まるパターンが多いです。

今回はプロの犯行みたいですね。
格好や装備からして、行き当たりばったりの行動じゃないです。
ゴールドを盗む時にショーケースの上を歩かないところも細心の注意を払ってます。
容赦なく殺すところも一般人ぽくないです。
子供も射殺しちゃうところとか特に…。
あと、いまだにデパートの中の金行は柵をつけないんですね。
これは盗みやすいですよ、本当に。
デパート内は常に警備員もいるし、人も多いのでつけないところが多いです。

盗んだゴールドは、足がつかないように1バーツずつ、他県をまたいで色んな店に売りに行くんでしょうね。
買い取ったゴールドが盗品だってわかっても金行は連絡しないです。
通報したら、そのゴールド没収されるため、金行は丸々損します。
今回はAURORAのゴールドだから、金行でAURORAのゴールドは買取拒否をし、
持ってきた客を通報するようにすれば犯人はすぐ見つかるかもしれません。

しかし、一般の金行ではAURORAのゴールドはあまりメジャーじゃないです。
AURORAはチェーン店でタイ全土にあります(48店舗)。
したがって、AURORAで購入したものはAURORAで売ります。
そのため、金行では基本取り扱っていません。
やっぱりゴールドは和成興大金行です。
売りに来るお客さんは、和成興大金行やヤワラート系のが多いです。

しかし、AURORAはチェーン店なので、別支店に売りにいったら、買取拒否なんてできないし、結局犯人は逃げきれるかものしれません。
盗品かどうか、わからないですからね。
ゴールド自体に製造番号なんてないですから…。
また今、アメリカとイランのおかげでゴールドが爆上がりしてます。
そのため、沢山の人がゴールドを売りに来ています。
ますます犯人かどうかなんてわからないですよねぇ…。
ゴールドが激安の時に売りに来たら完全に怪しいですが…。

また今回の犯人に合計で賞金首34.5万バーツかけられました。
被害にあったAURORAから10万バーツ、警察から10万バーツなどなど。
さすがに無関係で無抵抗な人を、しかも2歳の男の子を殺してますからね。

今回の事件は本当に怖い。
亡くなった方の冥福をお祈りいたします。
タイは不景気だから、どんどんこういう事件が増えると思う…。

おすすめの記事