終戦で日本軍がバンコクを去る様子の写真

以下は、イギリス・ロンドンの帝国戦争博物館に保管されている写真(現在はパブリックドメイン)。終戦により武装解除した日本兵が、バンコク郊外の捕虜収容所に移送されるための列車を待つ様子です。1945年9月に撮影されたもので、グルカ兵が監視を行っています。

今年もまた終戦の季節が巡ってきました。
私の祖父はタイで生まれた華人です。ちなみに今年で98歳。
耳は遠くなって物忘れがでてきたけど、まだまだ元気です。
祖父の両親は潮州出身でタイに亡命し、タイで祖父を生みました。
祖父はタイの同化政策でタイ国籍をもらい、タイ人として生活してます。
いわゆる華人ですね。
文化や生活様式は中国ですし、祖母とは潮州語を話してました。
祖母も華人で、母はタイ人で父は中国人です。
祖父はタイ国籍なので戦時中は、タイの兵士として、日本軍と一緒に英軍と戦いました。
沢山のタイ華人もタイ人として戦いました。
ビルマ戦線従軍してたのかな。
山の中で戦ったと言ってました。
日本軍には韓国人や台湾人がいて、背丈や顔立ちが違うから見分けがついたと言ってました。
日本人は背が小さく、出身ごとに分かれてたと言ってました。
また山の中では敵からの攻撃より、病気で死ぬ人が多かったようです。
川の水飲んで赤痢になって死んだり、とにかく病気が危ないと言ってました。
英軍の戦闘機が飛んでいるのを見つけると、対空砲を撃つそうですが、そんなんで飛行機落ちないって言ってました。
また山道やほぼ崖みたいなところでの車の運転に慣れてない日本軍の車が何台も落ちていくのをみたと言ってました。
タイとミャンマーの山岳地帯で何人の日本兵が亡くなったのでしょうか…
タイに限らず、異国の地で命を落とし、祖国の地を踏めた人は一握りなんだと思います。

祖父に戦時中のことを詳しく聞きたいのですが、私が日本人の為、祖父は話してくれません。
日本軍も悪い事をしていたようで、日本人の孫がそれを聞いたら傷つくから話したくない、と母にそっと言っていたようです。
また祖父は華人なので、外見が中国人です。
タイ人からも差別があり、戦後はよく絡まれたと言ってました。
そんな時にタイ軍に従軍していた元軍人だった証明書を見せると、皆、バツが悪そうに引いていったと言ってました。
お国のために命をかけて戦ったので、タイ人も何も言えなくなったようです。

このバンコクの日本軍の写真を見ると、彼らは無事に祖国に帰れたのか心配になります。
慣れない異国の地で戦いで、日本に帰れなかった人も沢山いたはずです。
写真の中の彼らだけでも無事に帰国できていたらと願ってしまいます。

コメント一覧
  1. コテカ より:

    イトゥーさん、この兵隊さん達はタイで武装解除した部隊ですね。
    インパール作戦ではほぼ全てが亡くなってますしこのような健康そうな兵隊さん達はいなかったと思います。
    グルカ兵と言う事は英軍により武装解除を受けた事かな?

    スマトラやボルネオではジャングル戦でグルカ兵と高砂義勇隊が戦っています。
    台湾先住民族で山岳地域に住む彼らはジャングル戦では圧倒的な強さを見せました、一方グルカ兵も同じくジャングル戦では英軍の先行部隊として戦っていました。
    遠く離れた民族同士が日英に分かれて戦ってた歴史もあるのですね。

    因みにバチカンの衛兵は全員スイス人で500年以上続いてます。
    現在は裕福な国のナンバーワンであるスイスですが昔の貧しかった時代では傭兵として外国へ渡りスイス人同士でも戦った歴史が有ります。

    • イトゥー より:

      コテカさん、今晩は!
      スイスはハプスブルク家とは血の抗争を長い間流し、やっとの事で独立国として認められましたからね。
      フランスの革命の時も王宮を守るスイス衛兵が民衆に殴り殺されてましたね。
      日本人も異国で沢山の人が散華したと思うと悲しいです。
      せめて遺骨は日本に戻してあげたいです。

  2. じゃがりこ より:

    なんと御優しいコメント。安倍ちゃんも言葉だけでは無く、きっちり予算付けて遺骨収集して欲しいと思います。日本軍の悪行は、お察しの通りだと思います。上が上なら、下も下。

    • イトゥー より:

      じゃがりこさん、こんにちは!!
      祖父は日本軍は本当に強かった。ソ連が裏切らなかったら日本は勝てたって言ってました。
      悪いこともしてたでしょうが、中韓のようなことはしてないと思います。

  3. S より:

    A.またまたわからなくなりました。家系図を絵にして考えてみましたが:

    ① 母方の祖母に当たる方がタイ人と中国人の子、とのことですので、
    ② 母上さまは、7/8が中国で、1/8がタイということになりましょうか?
    ③ だとすると、イトゥー先生は8/16が日本、7/16が中国、1/16がタイ、ということになるのでしょうか?

    B.曾祖父の方が潮州から亡命したとありますが、大資産家だったので、中国共産党に没収され、タイに移住されたとうことなのでしょうか?

    C.<前にも申し上げましたが>日本軍のタイでの行動はほとんど知られていません。タイの方々が日本軍として戦闘に参加したという話に至っては、想像もできない世界だと思いますー圧倒的多数の日本の若者にとって。(インパール作戦ですら知らない方がほとんどだと思います。)ですから、お爺さまにはぜひ語り継ぐか、メモワールを残していただきたいと思います。

    D.<これも前に申し上げましたが>拝読し、そろそろ仕事は打ち止めにして、ぼくの夢(チェンマイ、パイ、メーホンソン、クンユエン、マエラノイ、マエサリアンを一周、慰霊の旅)を実現したいなああ、とますます強く思いました。

    • イトゥー より:

      Sさん、こんにちは!
      書き方が悪くてすみません
      母方の祖母の母がタイ人、父が中国人です。
      私からしたらひい祖母とひい祖父になります。

      なので母は中国3/4、タイは1/4になります。
      私に至っては私に至っては中国3/8、日本4/8、タイ1/8になります。

      ひい祖父は墓参りに行ったら、第1夫人と第2夫人と埋葬されてました。お金持ちだったら祖父も苦労しなかったと思うんですが、お金はなかったです
      祖父にはもう一回話を聞いてみようと思います。
      海外で日本兵の遺骨を回収し、祖国に帰す運動をしている方も多いです。
      私もそのような活動に参加したいです。

  4. じゃがりこ より:

    御祖父様の言う通り、ある一面では強力な軍隊でした。けれど、ソビエト参戦時には、制海権、制空権共に日本本土には無く、イタズラに戦を長引かせれば、笑い事でなく、日本人は絶滅していた事でしょう。昭和天皇も、これを見て、腹が決まり、自分に害が及ぼう共、ポツダム宣言を受け入れる決意をしたと思われます。代わりの皇族は、当時は幾らでも居ましたし。中共に関しては、日本軍と組織的には戦闘はしていませんので、彼等の中国国民の宣伝は、如何な物かとは思いますが、日本が中国大陸に泥棒しに行った事は間違い無いので仕方が無い面が有ります。韓国に関しては、日本に併合されていたので我々の共犯者と言っも差し支え無いとは思っていますが、主犯と共犯者の言い分が違うのは、世の常。反日を行う事で国が、堅固に成るなら、それはそれで結構な事と思いますが、何事も過ぎたるは何とかと申しますから、何だかな~とは思っています。遺骨収集に関しての厚労省のいい加減さは、最近のニュースでも報じられている通りです。大本営の作戦立案と何ら変わりありません。御祖父様のご健康を祈ると共に、いち日本人として、御礼申し上げます。

    • イトゥー より:

      じゃがりこさん、おはようございます!
      戦争というのは基本お互いの言い分がありますし、勝てば官軍負ければ賊軍です。
      映画ラストエンペラーや覇王別姫を見るとあの時代は本当壮絶だったなぁと思います。
      しかし、本当に遺骨収集には税金かけて、ちゃんと対応して欲しいです。
      でなければ、異国で亡くなった方々が浮かばれません。

  5. アオキ より:

    イトゥーさん、こんにちは。
    私の知り合いが大東亜戦争で亡くなった日本人の遺骨を日本に持ち帰る活動をしていました。Sさんという方です。
    寿司を食べに言った時の事ですが、Sさんが支援者の方達と座敷で集まっていたので挨拶をしたら1杯飲んでいけと言われ
    座敷に上がり8人程ご高齢な方達に挨拶をして話を聞いていると本当にひどい話でした。武器も弾薬、食料もない中での戦いで
    沢山の仲間が死んで言ったと聞きました。
    その中の一人の人がSさんの手を両手で握りしめ泣きながら、Sさん必ず遺骨を持ち帰って下さいとお願いしていました。
    沢山のお客さんがいる中での出来事でしたが、皆涙を流していました。
    戦争で亡くなった方達のご冥福を祈りします。

    • イトゥー より:

      アオキさん、おはようございます!
      戦争はいくら我々が話を聞いても、経験していないのでどれほど悲惨だったかわかりません。
      だから祖父も口を噤むんだろうなぁと思ってます。
      異国で亡くなった方のことを考えると悲しい気持ちになります。
      靖国神社で特攻隊員の手紙を読むと涙が止まりません。

  6. Murahyan より:

    イトゥーさん

    お久しぶりです。
    2年ほど前迄、見させていただいてたんですが
    ブログがなくなったみたいになったので、ご無沙汰です。

    先月から、久しぶりにタイ出張が多くなり、そういえば、と、タイでOLで検索したらヒゲのブログが出で来てて、なんじゃこりゃと思いながら、ブログをみましたら、あらあらイトゥーさん、あいも変わらず、いつも通りで、嬉しくなりました。

    母と妹さんとのヨーロッパ旅行での、上の階からの脱出訓練の編は、探し出せませんでした。

    コメント欄で、twiterの話が出ていたので、思わず、友達申請させて貰いました。すみません。

    これからも、ブログ更新お願い致します。

    • イトゥー より:

      Murahyanさん、今晩は!!
      返信が遅くなり申し訳ございません!!
      ここのところめっちゃくちゃ忙しくて、ブログ放置しておりました!爆
      髭マークで可愛さをアピールしたのですが、どうでしょうか?www
      これからどんどん更新していくので、どうぞ宜しくお願いします!

      上の階から脱出は、母と妹と年末年始にフランスに行った時の話ですね。
      いやーあれはあれでめちゃくちゃいい思い出ですw
      ブログ移転時に消えてしまいましたが、データは保管してありますので随時復活させていきます!!

      Twitterはどのアカウントでしょうか??
      基本Twitterも放置気味であまり見ておらず…汗

  7. Murahyan より:

    イトゥーさん
    忙しいのは良いことですね...

    髭ですが、可愛いといえば可愛いですが
    “エッヘン、俺様、Thai de OL イトゥーだぜ“
    と見えてしまうのは私だけでしょか。

    あと
    Twitter承認ありがとうございます。
    使い方が良く分からないので、あまり更新しませんが、宜しくお願いします。

    • イトゥー より:

      Murahyanさん、今晩は!
      私も最近はTwitterは放置気味なので…

      こちらこそよろしくお願いします!

コメントを残す

関連キーワード
日常の関連記事
おすすめの記事