うちの部署に入った新人パン君のお話。


前代未聞の部署の人間が一気にやめ、残ったのが私と15年ぐらい会社に在籍しているタイ人のおばちゃんの二人のみになった去年の11月頃。
前任者とおばちゃんの二人で面接し、そこにパン君が面接でやってきて採用。
前職で経験があるってことで期待をしていた。
私の下につくことになり、私が休んでも代わりができるようにと期待の新人になった。
しかし、失望。
思いのほか、馬鹿だった。
働いていたとは思えない馬鹿ぶり。
パン君「イトゥーさん、お客さんに見積もり作りたいんですけど、
名刺を貰ってないから住所がわからないんです。住所なしでいいですか?
私「ダメに決まってんだろ。ググれよ
パン君「そっか!」
またシステムを教えるのだが、何回教えても覚えない。
とゆーか、メモらない。
一回教えて、わざと1週間ぐらいあけて、同じことさせてみた。
ダメだった。
それを3回ぐらいやったが、ダメだった。
私「前に教えたよねー?なんでできないのかなー?怒」
パン君「イトゥーさん、せかさないで下さいよーw」
私(イラッとすんなこいつ…)
そこでタイ人のおばちゃんがブチ切れた。
「何であんたはメモらないの!!毎回教えてあげるわけにはいかないんだからね!!!!!!」
私「そーだ!そーだ!
それ以来、メモを取るようになった。
またある日、製品を6モデル写真を撮った。
この6モデルを比較資料に使うんで、パン君のLINEに画像を送った。
画像 5枚
モデル名
画像5枚
モデル名
とこんな感じにモデルごとに写真を送り、モデル名を書いた。
パン君「イトゥーさん!PCに画像移したらどのモデルがわからないです。どうしよう
私「LINE見ろよ。
はぁ…今回だけモデルごとにフォルダ分けてあげるから、昔の資料見ながら同じように比較資料作ってよ」
パン君「はい!」
出来上がった資料が資料にならなかった。
こいつ画像を編集したりせずに、そのままペタペタ張ってるだけ。
同じ個所、角度の写真を並べないと比較にならないんだけど。
無言で直した。
またある時は朝8時半に出発ね!と前日に念を押したのに来たのは朝8時40分過ぎ。
急いで車に乗って移動。
私「パン君、あのさ…私、昨日朝8時半に出発って言わなかったっけ?」
パン君「言いました…遅刻してすみません…」
言い終わった5秒後に鞄からサンドイッチを食べ始めるパン。
私「…」
それ以来、こいつのあだ名はパンになった。
確かにパン君はやる気はあるが、いかんせん能力が低すぎる。
パン君の試用期間の合否を決める2週間前におばちゃんと緊急会議。
おばちゃんは結構パン君に対して厳しかった。
「この給料でこの仕事ぶりはない」
「職歴がある人間とは思えない」
などなど言っていた。
私も、上司に淡々と説明した…
「給料に見合ってません。
ここまで馬鹿だと新卒の子を雇って鍛えた方がいいです」
上司「でもダメだったらボーナス減らすなり、昇級なしにすればそこまでお金はかからないし…やる気はあるんだし…」
と、二人で悩みまくった。
試用期間を延長することも考えた。
結局、採用になった。
そして新年会で、
「パン君をちゃんと一人前にするんだよ。
出来なかったら、イトゥーさんの評価が下がるんだよ。
人を育てることは勉強になるし、できるようになったらイトゥーさんの評価も上がるから」
なんじゃそりゃ!!!!!!!
私はいらないって言ったじゃん!!!!!!!!!!
はぁ…
やってらんねー
そう思う今日この頃。
以上。
タイブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ

コメント一覧
  1. S より:

    橋だ、道路だといったODAは止めにして、カネはタイの初等教育支援に回しませんか?
    それから日本女性の歯列矯正資金の援助も考えてよ。ラオスでは、食堂の店員ですら、女性は矯正をしているぜよ。

  2. 宍戸 より:

    一人前になったら平然と転職、というパターンがあるそうですが、昔の話でしょうか?
    初等教育ですが、3+4×5+6=をやらせたら大卒の人が悩んでました。ちなみに日本人です。日本もやばいです、、、

  3. カワ より:

    暖簾に腕押し、ぬかに釘、馬の耳に念仏…、謝るけど反省しないし進歩や改善が無いのでは、やる気なんか認められませんよね。人を育てるのも仕事やスキルアップなんて単に上司の責任転嫁じゃないかと。
    これで採用なんて余程、人材が見つからないんですね…。

  4. piro より:

    > 部署の人間が一気にやめ、残ったのが私と15年ぐらい会社に在籍しているタイ人のおばちゃんの二人のみになった
       ↑
    こちらの方が衝撃的でした
    今の会社が一番良いみたいなのに。。。
    実は、パン君はドMで、イトゥーさんをわざと怒らせて、厳しく叱られることに至福の悦びを感じている・・わけないですよね

  5. pts999 より:

     以前の会社で、パン君みたいな人が部下にいました。研修期間が過ぎて、辞めてもらうつもりだったんですが、他のタイ人社員の意見を聞いて正社員にしました。しかし本人は、与えられた仕事をこなせず、教育にも耐えられず、辞めて行きました。甘い情けは会社と本人のためにならないと実感した次第です。

  6. koji より:

    今晩は。
    私のエリアにも大卒のとんでも君が配属されました。
    二日酔いで、運転が出来ないから、指導役のベテランさんの車に載せてもらう。
    二日酔いで遅刻する。
    メモを取らず、同じ質問を繰り返す。
    明日の仕事内容について、説明してもマニュアルを読まない。
    次週の仕事について、仕事先の担当エンジニアに内容を確認しない。
    現場に工具を持ってこない。
    ミス、部品の破損ついて事実ではない説明をする。
    等々...
    同年代の上司には、「海外でコストが掛かろうが、該当機械のトレーニングを受講させ、現場に放り込もう」と提案しています。
    鬼の提案ですが、トレーニングを受講させないと、必要訓練もなくパワハラ、嫌がらせです。と言った奴がいたからなんです。
    イトゥーさんもパンくんとは肉親縁者でも無いので、イトゥーさんのアドバイスに響かない奴で有れば、非情でしょうが、周りをきっちり固めて負荷のかかる仕事を与えてみるしかないと思います。
    辞めるか、厳しい経験で化けるかどちらかの結果しかでない様な負荷です。
    まあ、言った私もそこまでゲスの極みオヤジになれるか分かりませんが...
    折角何かの縁で同じチームになったのですから、出来ればお互いを助け合えるチームメートになりたいものですね。
    しかし、どうしようもない奴は戦力外通告も仕方が無い...
    と思うようになってます。
    ちょっと、若くない意見かしら。
    おっさんからのマジ長文でした。

  7. muga より:

    私のような零細と比べるのもなんですが、企業規模が小さいほどロクな人材は得がたしなんて思ってると大間違いですね。
    意外とデッカイ会社でもクソ社員を採用してたりします。
    チェンマイの空港にはTG経営のレストランがありまして、約20年程前から利用してます。
    別段旨くはないし、値段も馬鹿みたいに高いのですが、帰国時にそれしかないから使ってたんです(当然現在は使用しない)
    いつの頃だか、ウエイター&ウエイトレスの態度が横柄で気が利かないことに気が付きました。
    注文を忘れたり別の料理を持って来たりするのは普通として、その不愛想極まりない顔つきは喧嘩腰。呼んでも無視して来ない時がありました。

  8. muga より:

    恐らく、雇ってしまった従業員が問題児だったり極端に使えなかったりして、仕方なく配属先を設定せざるを得なかったのと…
    10年経ってもそのままお皿を抱えて不愛想な表情を振りまく姿を見かけますが、辞めて地獄を見るよりも現職にしがみ付いてた方が楽だと判断したのでしょうね。
    それも大企業なりの社会貢献だって言ってしまえば簡単ですが、コネか何かで入った社員の首切りも問題ありなのでしょう。
    直接その育児を被せられる先輩(イトゥーさん)は強烈なストレス生みますよ。
    ブラックなんて言われないように気を配りながら、当人が自分から辞めてゆくような仕組みを構築して欲しいですよね。

  9. JP語教師 より:

    イトゥーさん、無駄な仕事増えてしまいましたね(T_T)
    上司の方も人任せで…。メモ取るクセもない、覚える能力もない、言われたことを反省して次に活かすこともない…。ストレス溜まりますよね。
    パンくんがどこかのタイミングで脱落するのを待ちましょう。
    それにしてもどこでもクズ率高し。

  10. shu999 より:

    タイ人は面接で何でもできます、という言葉に騙されてはいけません。
    日本人の言う出来ますとは、レベルが違いすぎる。
    タイ人のバカに教えても時間のムダです。
    イトゥーさんの精神衛生上も良くないです。
    最近感じたのは、タイ人に戦略的に考えて行動できる人がとても少ないです。
    多くの人が出たとこ勝負。
    例えばBOIが新しい政策を打ち出した途端、投資が激減。
    足元を見ていない官僚が机の上で作ったもの、というのが見え見え。
    投資が激減したから慌てて基準を緩和。
    官僚でさえも、戦略家がいません。

  11. さい より:

    うしろ髪ひかれる思い って使い方おかしくないですか?

  12. カイロ より:

    幸い、タイでは、問題のある従業員を解雇する様な事態には至りませんでしたが、これまで何カ国かで問題従業員を解雇するか自主的に退職してもらいました。
    いずれも、セクハラ常習者や仕事が出来無いので他の従業員に悪い影響がお呼ぶ事を恐れてです。
    現地で採用した従業員を解雇するのだから、本社は関係無いかと言うと、ウチの会社は、そうでは無く、本社にお伺いを立てないといけません。それが〜、毎回、本社は、「ノー」と言って来ます。
    要は、裁判沙汰になるのがイヤなんですね。
    こちらも、こいつは問題だから辞めてもらわ無いといけないと考える時点で、顧問弁護士と相談して、その国の労働法規に則って、問題な行為がある度に警告のレターを出して、3回警告した上で解雇を通告するとかキチンと手順を踏んでいるのですが、本社は、兎も角、解雇は避けろと言って来ます。
    ヨーロッパでは、正規社員は手厚く守られている国が多い様で、問題社員を規定に則って解雇しても、定年までの賃金を払わないといけない事もありますが、他の社員への悪影響を考えるとそれでも辞めて貰った方が良いと思うんですけどね。
    勿論本社の言い分も分からないわけでは無くて、一度、手順を踏んで、かつ、定年までの賃金も払ったのに裁判沙汰になった事もあります。(本社は、「だから、言ったろ」という反応でしたが、最終的には、こちらが勝訴しました。)
    使えない駐在を飛ばす方がよっぽど簡単です。
    タイでも、建前は労働者の権利は、手厚く守られていて、法律に則って、試用期間後に解雇するの非常に難しいようです。それに、タイでは、自分の落ち度で解雇された逆恨みで、駐在員が刺されたりする事も良くあると聞いています。タイでそういう事態にならなくて良かったです。

  13. より:

    イトゥーさま、これも「おーい、安倍君よお」です。
    A.日本を離れておられる間にいろいろ深刻化しました。例えば:
    ① 貧困層が急拡大。若い方々とその子供、そして無年金または5~6万円/月の年金で暮らす高齢者層が大変な思いをしています。全体の20%にもなるとか。
    ②マスメディアは、中流階級からの脱落を警告しています。みなの不安を煽っています。
    ③うまく定年まで中流階級に留まったとしても、長命による資産枯渇のリスクが増大しています。
    ④犯罪も増えています。警察は被害届けを出させないように誘導するので、みかけはそれほどではなくても、検挙率が極めて悪化しています。
    B.生きるということが本当に、ほんとうに大変な時代になりました。疲れないのが不思議です。
    C.安倍君には、ODAなどといって海外のあちこちでばらまくカネがあるなら、日本の貧困問題にきちんと取り組んでほしいです。

  14. より:

    イトゥさまに教えていただいて以来、ウルビーノのビーナスが頭を離れません。
    マネもその一人のようで、「オランピア」はそれに倣ったとの解説を読みました。
    ところで、オリンピアの前でオランピアと同じポーズをとった女性が逮捕されたそうです。http://news.yahoo.co.jp/pickup/6187952
    この女性は、昨年はオルセーでクールベの「世界の起源」でモデルと同じポーズを取って逮捕されるなど、兇状持ちのようではありますが、ティツィアーノは何百年も、洋の東西、老若男女を問わず、見るものを魅了しつづけ、ときに人を狂わせる、ということでしょうか?

  15. より:

    ついこの間は「ヨーロッパだな」とおっしゃっていたのに。
    三菱一号館美術館の館長が書いていましたが、最近、台湾で泰西名画の展覧会が盛んだそうです。経済力がつくと芸術に目が向くようになるそうです。
    タイもすぐそのうちですね。日本からタイへ名画展やバレー、オペラその他を見に行くようになるかも。
    それから、5月の連休にウフィツィ美術館に行ってくることに決めました。(ラオスは卒業。)

  16. より:

    Botticelli展に行ってきました。(上野)全78点。Botticelliは22点、内、ウフィツィ美術館から6点、パランティーナ美術館から5点来ていました。
    ただただ感動しました。言葉になりません。(一晩かかっても書き尽くせないーそんな思いです。)
    イトゥーさまのブログを拝読していなければ、この展覧会に行くこともなかったでしょう。このような感動を味わえたことに感謝しています。
    5月のフィレンツエ、これからニコニコと研究して旅程を組んでいくことにします。また、ご指導ください。

コメントを残す

パン君成長日記の関連記事
おすすめの記事