昨日は姪っ子の話がメインだったので、一般的な話を書いていこうと思う。
てか、超腹が減った。


まずはタイ人と結婚すると、結納式と結婚式をセットでやります。
前回の記事にでも書きましたが、朝は結納式、夜は結婚式というか披露宴になります。
この式の代金は基本、男側が持ちます。
100%男側です。
タイ人はここで男の財力をチェックします。
結納式では親族が、結婚式には友達が来る感じですね。
また結納式では7つの関門があります。
簡単に結納式の流れを説明します。
結納式では花嫁は花婿に見えないように、会場に隠れてます。
花婿と男側の親族が貢物を持って会場に入るのですが、
女側の親族が二人一組になってネックレスとかヒモで道をふさぎます。
「ここを通りたければ、誠意を見せよ!」
と花婿に言うわけです。
ここで言う誠意は、ずばり、お金です。
花婿はお金が入った封筒を差し出すわけです。
一枚渡して、はい、どうぞ、と通してくれません。
「こんなんじゃ足りない!もっとよこせ!!」
と言われるので、通せんぼしてる人間が満足するまで渡さなければいけません。
ちなみにお金は通せんぼしてる人間の物になります。
これが7回ぐらい続きます。
ですので、封筒は7枚では足りません。
30枚ぐらいお金を入れておかなくてはいけません。
この封筒の金額で男の財力、気前の良さが判断されます。
空の封筒を渡したら、一生女側の親族から後ろ指刺されます。
大体、1枚に100バーツ入れるのが相場だと思います。
お金持ちなら1,000バーツぐらい入れますね。
さて、通せんぼをクリアしたら、花嫁が待っています。
あとはなんかお互いの両親に挨拶したり、年配の方に贈り物をします。
メインイベントは、やはり結納式での結納品でしょうね。
結納金+金+指輪が一般的です。
これが多ければ多いほど、嫁側のステータスが上がります。
自慢です。娘のためにここまで男はくれたんだ!という自慢です。
ここでも花婿である男の財力をチェックします。
タイ人は見栄っ張りの生き物です。
この貢物で親族での地位が決まります。
周りの評価がかかってます。
しょぼい男だったら影で「あいつはあの程度の男しか捕まえられなかった。くすくす」って言われます。
金持ちならば、賞賛の嵐。
たかる先ができたことを意味します。
タイ人と結婚することは、相手側の親族を養うことと同じです。
その覚悟をしておく必要があります。
タイ人はグループ意識が非常に強いです。
親族の中に金持ちがいれば、自分も金持ちになった気がします。
平気でお金を無心します。
だって、お前、金持ちじゃん。俺にタンブンしろよって。
お金持ってるくせにお金くれない!あいつ最低!!と言われます。
これがタイ人です。
金持ちなんだから、少しぐらいいだろ?だって俺たち親戚ジャン!
これがタイ人です。
事あるたびに仕送りしてくれ、金貸してくれって言ってきます。
その覚悟がある方はタイ人と結婚していいと思います。
また結納式と結婚式で重要なのは、食事ですね。
これがまたしょぼいご飯だったら、ぼろくそに言われます。
結納式と結婚式ではちゃんとしたご飯にすべきでしょう。
身勝手なタイ人と思う方がいるかもしれませんが、基本はこれです。
タンブンの教えのおかげで自分より持っている人間からはもらっていいと思っています。
遠慮なんて言葉ありません。
そこを理解していないとタイ人との付き合いは難しいです。
タイブログランキング
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ

コメント一覧
  1. MARO より:

    私なら7回の検問で全財産しゃぶりつくします。
    そして、子供が出来た瞬間に捨てます。
    そして、それをまた繰り返します。
    複利で、どんどん増えていきます。
    しかし、相手側の恨みつらみも増えていきそうですから、護身術もそれなりに体得しますw

  2. S より:

    タイの結婚式、披露宴には一回だけ出席したことがあります。Baan Tonsakで式、マンダリン・オリエンタルで河沿いの部屋、テラスを借り切っての「丸でハリウッド映画のシーン」のような披露宴でした。(結納式には呼ばれませんでした。)
    タイ人の花嫁さま、モデルのように容姿端麗で英語もほとんどnativeでした。ぼくの友人の花婿さまは、頭の良いアメリカ人(ハンサムな白人)で、司法試験の予備試験は満点で合格。New Yorkのトップ3に入る著名な法律事務所のパートナーです。
    イトゥ様のお書きになるものを拝読して心配になってきました。ぼくの友人、奥方とそのご一統さまとうまくやってくれていると良いのですが。

  3. S より:

    すみません、どうでもよいことなのですが、ぼくの友人はアメリカ人の弁護士の方でした。

  4. グティ より:

    お久しぶりです。久しぶりにコメントします^^
    >うちで買える車はベンツやBMWですが、
    このレベルで庶民なのですか?笑
    ベンツとBMWが買えるレベルというのが、庶民なのか金持ちなのか、タイにいるとわからなくなることが、しばしばなのですが・・・
    このレベルでも、逆玉を狙うとは、すごいですね・・・

  5. shu999 より:

    スクムビット界隈ですと、外車が普通に走っていますが、
    郊外になるとめっきり減ります。
    田舎では、激減。ぼろぼろのベンツくらいで、きれいな外車は、珍しいです。
    上を見たら、タイ社会は青天井。
    私からすれば、イトゥーさん家族は十分に上級クラスですよ。
    この結納式、ほんとうにバカバカしい習慣ですよね。
    昔はもっと格式のあるやり方だったとは思いますが、
    現代の金金金の物欲に昏倒したタイ人には、
    どうしようもないシステムになってしまいました。
    私なんて、ケチと言われて上等です。
    恵んであげたって、何か僕にしてくるの?
    ⇒何も助けてくれない。
     意味なし。
     タンブンは、お坊さんにすれば十分です。
    今週末は、自宅のタンブンをします。(準備が大変です)

  6. サトウ より:

    お金を取るシステムがわかりやすくていいです。私は好きですね。日本人のお金じゃない、という方が分かりにくい。最近ニュースで、政治家が発言して問題になった金目でしょう、という失言がありましたが。
     ところで、タイでは離婚するときどうなるのでしょうか?私の知る限りでは、男は追い出されて土地家屋を全部取られるようですが。まだそれでも日本よりはましかもしれませんが。日本人で私の知る人では、子供の養育費を取られ貸家に入って貯金もできない生活をしています。一方、女の方は新しい男を見つけ子供はほったらかしです。

  7. kei より:

    イトゥーさん
    日本は結婚したとたんに女が金、金、っと豹変することが多いのでタイはかなりわかりやすいと思いました。
    ところでタイでは子供が生まれた場合DNA鑑定等はしないのでしょうか?

  8. kei より:

    イトゥーさん
    私の親族にDNA鑑定をしたら、血縁がなかったという修羅場をみてきたので、自分に子供ができたら、密かに必ずしようと思っています。
    私の屑センサーはそれなりの精度なので、
    イトゥーさんのような高精度な屑センサーが欲しいですw

  9. kei より:

    イトゥーさん
    あの修羅場はきつかったですねw
    当時、高校生だったのですが、身内が暴れた時に取り押さえる要因で連れて行かれましたwww
    相手の女は屑を絵に描いたような奴でしたね。
    寂しいかった、許して欲しい、別れたくないとかぬかしてしたね。死ねばいいと思ったのは言うまでもありません。お陰で屑センサーに磨きがかかりましたw

  10. kei より:

    イトゥーさん
    女が刺される可能性もあるので連れて行かれました…戦場に行く兵士の気分でしたw
    きっかけは血液型ですね。私の身内はO型で、相手の女もO型なので普通はO型の子供が生まれるのですが、生まれた子供はB型だったんです。
    女の方に前から、怪しい行動があったので出産後すぐに調べようと思ってたみたいです。
    まぁ、血液型で調べる必要がなくなったのですが、念のために調べたら案の定でしたね…

  11. kei より:

    イトゥーさん
    個人的に殺されても文句は言えんと思います。
    妊娠中に調べる方法はありますよ!出生前DNA鑑定というのがあります。費用は20万円~30万円程です。しかし、鑑定を要求する事はできても産む産まないは女性の意志です。
    個人的には男性側は養育を拒否し、慰謝料を取るためにも非常に重要だと思います。まだまだ、世間の認知はにくいのですが…
    相手の女は本当に屑でした。目元が似てるから、身内の子供とかぬかしてましたね…
    結局、慰謝料300万円と相手の両親が迷惑料とかで、500万円置いていきました。
    子供を持つのもリスクがあると思いました。
    子供が屑なら自分の人生も崩壊しかねません。

  12. サトウ より:

    >クズはいつだって自分のことを棚に上げます。
    しっかり自分をガードし、棚には鍵をかけます。
    暴言と非難の。

コメントを残す

日常の関連記事
おすすめの記事