国籍の質問してくる人がいるから書く。

この質問何回もされるんですけど、私は日本国籍しか持ってません。
本来2重国籍を持てるんですが、日本国籍しか取ってないので日本国籍しかありません。
タイでは1989年頃に国籍の制限がつく法律ができたので、それ以前に生まれた人は後からタイ国籍をとれます。
私の知り合いなどは出生の時に申請し、2重国籍持ってたので大学の授業料は、
タイ人価格でした。
私も作っておけばよかったなぁ。

ハーフに二重国籍について執拗に質問する方がいるようですけど、
そもそも他人の国籍に何でそんな興味あるのか不思議。
糞どうでもよくない?
大坂なおみさんも日米の二重国籍だけど?
他人の国籍より自分の晩御飯の方が大事だと思います。
政治家だったら、絶対だめだけどね。
政治家は国家の政治にたずさわることを仕事する人なのに、外国籍の人がいるのはおかしいでしょう。
だから私は蓮舫嫌いです。
あいつ、二重国籍なのに、なんでまだ議員なのか不思議。
日本国の利益や日本国民の為に働くのが、日本の政治家なので外国籍を持ってる人は絶対だめ。
個人的に帰化した人とハーフも政治家はダメだと思う。
例え日本国籍だったとしても、もう一つの国に思い入れがあるから、
無意識にそっちに有利なことをしてしまうと思います。
政治家の二重国籍に対して厳しく対応してほしいですね。
一般人じゃなく。
他人の国籍に興味持つ人って相当暇だなって思いました。

あと血で判断するのもやめてほしいですね。
例えばタイ人の血が入ってるから~とかそういう発言。
タイ人関係ねぇ。
私の母は国籍はタイだけど、うちは華人。
母ですらタイ人の血は4分の1しか入っていない。
私なんてタイ人の血はほぼないから。
日本人はすぐ血のことを持ち出すから嫌だわ。
関係ないわ。
なんでも血とかで判断するから不愉快極まりない。
血が重要なのは、あれなん?
日本人は皆、血継限界でも使えるんか?
日本社会で「ハーフです」と言って良いことなんてない。
そういうの話すの苦痛。めんどくさい。


ハーフに対してこういうことをいう在タイ日本人がいて本当に嫌です。
必ず質問される「タイ語と日本語どっちが得意?」
これ本当うざい。
日本で生まれて、高校まで日本だったのにそんな糞みたいな質問してくんな、マジで。
「どっちの国が好き?」とかも糞質問
どっちにも長所も短所もある。
両親が日本人じゃないと認めないわりに、表彰されたり、話題になったら、日本人扱いするから都合が良すぎる。
昔よりもよくなったけど、日本は排他的な社会だからハーフなんて虐めの対象。
日本人学校での虐めの記事読んで、わかるーって思いました。
平気であそこの親はタイ人だからって言いますからね。
そんな日本が移民受け入れするから笑っちゃいます。
奴隷として酷使するんでしょうけど、スラム作って日本が食い荒らされるだけ。
これも選民意識の表れですかぇ。
黄色いバナナですな。

あと親がタイ人だから、タイ語ができるって言う人もいるけどそれも関係ねぇ。
純日本人でもタイ語できる人いっぱいいます。
ハーフでもできない人いっぱいます。
他の人より外国語に触れる機会があっただけで、できるできないかは本人次第。
本人ではなく、血で判断するのは、やめてほしいです。
うざい。

コメント一覧
  1. ししまる より:

    おはようございます!私はハーフではないのですが、タイで生まれたので昔二冊使ってました。22歳の時に選択しなさいと言われて、この先死ぬまでタイだろうと思い、タイにしました。今は日本行くのはビザ免除ですが、当初は面倒でしたねー。やはり日本パスポートは素晴らしい。でも今は慣れました。

    • イトゥー より:

      ししまるさん、おはようございます!
      日本パスポートだと、欧米にビザなしで行けますよ~w
      タイに永住するならタイパスポートでいいと思います。
      国籍を変える決断をされたのは凄いです!

  2. S より:

    まったく空気が読めないウザキモ丸出しで恐縮ですが:

    ① 本日、目黒のタイ大使館に行ってきました。
    ② 商用ビザ申請のためです。

    ③ 驚いたのは、タイ人女性係員がみな、白いきれいな歯並びで、明るく、愛想が良く、そして、何よりもとてもおしゃれ上手だったことです。
    ④ 特に洋服の柄、色合いが日本人のセンスとはかけ離れていました。タイでみた蓮やその他たくさんの植物の意匠と色を思い出させました。

    ⑤ 他方、私の個人の経験だと「日本の着物のセンスの柄や色使いのネクタイ」が欧米では褒められたような記憶がございます。自分が育った地のあれこれは何かと手助けになることもあるようでございます。複眼思考ができるとさらによろしいかと。

    それから、これまた例によって例のごとき頓珍漢振りを発揮させていただくと

    ① 「リベラルが嫌いでもリベラリズムは嫌いにならないでください。」(井上達夫)を読みました。
    ② タイトルに似合わない超硬派の本ですが、たいへんな感銘を受けました。

    ③ 日頃お書きになっていることから拝察しますに、お読みになって必ずや「我が意を得たり」とお思いになることでしょう。

    • イトゥー より:

      Sさん、こんにちは!
      近々、タイ出張でしょうか?
      タイ人は男女問わず、日本人よりも歯に力を入れています。
      歯が白くて、歯並びが綺麗な子が多いです。
      日本人は意外とそういう部分は気にしないようです。
      本のご紹介もありがとうございます!
      紀伊国屋で探してみます。

  3. コテカ より:

    今日はイトゥーさん、

    二重国籍って便利な反面、また凄い不利益を受ける可能性が有ります。
    例えば、イトゥーさんが日泰両国籍者で一旦、日本とタイが戦争状態になりタイの情報を日本へ渡したらタイから見れば国家反逆者、
    また逆も然り。

    李香蘭(山口淑子)は戦時中満州で映画俳優で歌手でもあり流暢な
    北京語を話すので中国人だと思われていました。
    戦後に中国人として祖国を裏切った漢奸の容疑で中華民国の軍事裁判に
    かけられたものの日本人とわかり国外追放処分になり日本へ帰国できました。

    一方、東京ロース(アイバ・戸栗・ダキノ)は戦時中に英語で連合軍兵士向けにプロパガンダ放送のアナウンサーを務めてました。
    米国籍を持つ彼女は戦後に対日協力者として米国で最も重罪である
    国家反逆罪で起訴され女性として史上初めて有罪になり六年間ほど
    服役しました。

    国籍二つ持ってればそれらの国が緊張状態ににもなれば両方から
    スパイ嫌疑をかけられる恐れもあるので大変です。

    • イトゥー より:

      確かに、言われてみれば非常時は危ないですね。
      私もついに平和ボケして失念しておりました。
      東京ロースさんも可哀想に…。

コメントを残す

関連キーワード
日常の関連記事
おすすめの記事