タイ人は非常にきれやすい。
微笑みの国と言ってるが、殺人や傷害事件が非常に多く、
その原因は些細なことでプッツンきて衝動的にやってしまう。
そんなタイに住んでいれば、普通に生活していても事件に巻き込まれる。

美しさは罪

あるタイ人男のスタッフがいた。
彼はとても可愛い顔をしていてジャニーズ系。
さらに愛想がよく、笑顔がとても可愛い。
子犬のような愛らしい彼は某飲食店で働いていた。
彼のことは子犬君と呼ぶ。

ただその飲食店の隣はクラブになっていて、
タイ人の芸能人が経営していると聞いていたが客層は悪かった。
原因はクラブの運営を任されているタイ人男のオーナーだった。
このオーナー、柄が悪く、タトゥーがバリバリ入っていて、悪い噂が絶えない人物だった。
真面目にクラブを経営しているように見えない。薬を売っていると囁かれていた。
むしろ、毎晩こいつの子分の集会場になっていたせいで一般客は皆無。
そしてオーナーの女も毎晩クラブ来ていた。
その時、店の前で掃除をしていた子犬君を見かけたオーナーの女が子犬君に話しかけた。
子犬君が可愛かったのだろう。彼女は毎日子犬君に話かけてきた。
これが悲劇の始まりだった…。

オーナーのかちこみ

運が悪いことに子犬君と自分の女が話しているのを見かけたオーナーは、ブチ切れた。
子犬君が仕事を終え帰宅しようと店の裏口に出たら、オーナーと子分3人が待ち伏せしていたのだった。
しかもバイクに乗って、ブンブンふかしながら。
やばい奴らなので、シカトして奴らの横をすり抜けようとしたら、オーナーが子犬君に怒鳴り、胸倉をつかんだ。
「お前、俺の女と話してたよなぁ?あぁあん?
よくも俺の女に色目を使いやがったな!!!!
俺を誰だとも思っている!!!!!!!てめぇは絶対に許さねぇ!!!!!!!!!!!」
勘違いです!色目使ってません!!!ただ話してただけです!!!と必死に言っても聞く耳持たず。
子分はげらげら笑ってるだけ。
殴られると思った瞬間、副料理長が「やめてください!!!!!!!!」と裏口から飛び出して止めた。
裏口が騒がしいから様子を見に来たらしい。
副料理長の制止のおかげで子犬君は罵詈罵声を浴びせられながらも解放された。
ガチでやばいと思った。何せ、頭がいっちゃってるし、バックが芸能人。
警察に言っても相手にされない。
それに子犬君が胸倉を掴まれていた時、
オーナーの彼女がちらっと見えた。
顔を殴られたのか痣になっていた。
彼はある決断をした。

決死の逃避行

次の日、出勤早々、子犬君は話があるって言ってきた。
青ざめた顔で落ち着きがない。

「隣のクラブのオーナーは本当に危ない人です。このままだと僕は殺されると思います。
だから僕、田舎に帰ります。バンコクにもういれません。今から帰ります。お店辞めます」

えええええええええええええええ!!!!!!!!!
今から!?そろそろ開店なのに!?
そういうと子犬君はマジで荷物まとめると帰った。
とりあえず、何事もなく店は営業し、閉店作業をした。
子犬君も考えすぎじゃないのかなって思って裏口に出たら、恐ろしい光景が広がってた。
なんとオーナーの子分なのか仲間なのか知らないが、店が暴走族みたいな集団に囲まれていた!!!!
その数50台ほど!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
子犬君を出せと詰め寄ってくるオーナー。
子犬君いないから!!!!って言うスタッフ達。
押し問答し、本当に子犬君がいないとわかったのか暴走族どもは帰っていった。
もし子犬君がいたら、彼はどうなっていたのだろうか…
どうみてもDQNで頭がおかしいので、リンチされて殺されてたかもしれない。
ただ会話しただけで、こんなことになるなんて誰が想像できようか。

平和再来

次の日から営業前にも子分が子犬君が本当に出勤していないか見張っていた。
数週間後、子犬君が本当に出勤していないことがわかると、子分はいなくなった。
そして、そのクラブは夜逃げ同然にオーナーたちが忽然と消えた。
大家さんの話によると、オーナーたちは家賃を5か月滞納し逃げたそうだ。
また芸能人が出資しているという話だが、どうもその芸能人はオーナーに騙されて出資したらしい。
今オーナーの行方を追っているそうだ。
子犬君はもうバンコクに戻って来てほしいが、
あれだけ可愛い容姿だと田舎にいた方が彼の身のためかもしれない。
店も営業妨害などされなくて本当に良かった。

皆さんも何がきっかけでタイ人に逆恨みされるかわからないので気をつけてください。

おすすめの記事